メイン画像

アルバイトでオープニングスタッフで働いているので

アルバイトでオープニングスタッフで働いているので、体験談を聞いて下さい。私の仕事場はかなり忙しいですが、その分、他の店舗よりも時給が高いのがメリットです。忙しいタイミングには波が出るので、暇になったら次のシフトの人のために予め準備しておいたりして、全員で協力し合います。このことからも、助け合いや手際の良さが必要不可欠な職場なんです。絶えず他の人のことを考えて行動すると、最終的に自分自身も楽になるということを実感したアルバイトでした。

応募候補のバイトを見つけたら、どうしたらよいのでしょう。まず一番に見ておくのがそのバイトの募集概要です。そうすれば応募にあたってなにが必要か分かるでしょう。また、問い合わせのツールは電話しても良いのか、HPからなのか、誰が採用担当なのか、押さえておきましょう。普通は、電話連絡の上、面接日を指定され、履歴書を事前送付、持参して面接、という手順です。応募の仕方で曖昧なことがあるなら、そのバイト先に質問してから応募するのが良いでしょう。

イメージ バイト先までの通勤距離は短い方がよいのが普通ですね。移動時間が少ないと通勤が楽ですし、バイト先にとっても良い点が大きいです。
電車代をバイトに支給する場合は当たり前ですが、急遽バイトに入って欲しい時に短時間でバイト先に駆けつけられるので好都合なのです。
その上、通勤の距離が短いと急な事故や交通のトラブルなどに遭遇するリスクが抑えられるのでバイトを預かる責任者としては安心できるのです。バイトする本人とバイト先の双方にとって好都合ですね。

主婦に向いたバイトについてまとめてみました。最初に、主婦は昼間に働ける人が主で、お正月などに休みを希望する人が多いですよね。
だから、病院受付や調剤薬局などであれば、時間帯は平日の昼間が一般的で、しかも、短時間での仕事になることもあり、生活に支障が出ません。しかし、資格がいるのですが、求人が多く、どんな場所でも通用する仕事ですから、一度、資格を取得できたら、いつか必ず活かせるでしょう。

更新情報